【PASMOが消えた!】iPhone・パスモアプリから残高や履歴が消えた。AppleIDを変更したiPhoneに、PASMO残高を取り戻す。

AppleIDを変更したがために、iPhoneからPASMOが消えてしまいました。 
いえ、正しくは「PASMOアプリはあるんだけど、履歴や残高等のデータが全てなくなっていた(初期化状態)」というお話です。

Apple Pay情報が上書き・消去されると「PASMOが消えた」状態になる。

iPhoneの機種変更をして、旧端末のバックアップデータを新端末へアップロードした場合や、iPhoneでiCloudからサインアウトしたり、パスコードの解除や端末の初期化等を行うと、Apple Pay情報が上書きされたり・消去されたりして、「PASMOが消えた」状態となります。

ワタシの場合は、iPhoneのAppleIDを変更(IDを新しく作って、別のIDでサインインをした)ために、Apple Pay情報が上書きされてしまったワケです。

PASMOアプリはあるんですけど、開いてみるとこんな感じ。

Apple Pay(ウォレット)のPASMOは、iCloudアカウントに紐づきサーバに退避している

意図せずに消えてしまったPASMOのデータは、iCloudアカウントに紐づいた状態でサーバに退避しているのだそうでして。

上の画像の「利用していたPASMOが見つからない場合」を読んでみると、「Walletアプリから、再設定できる」と書いてあります。

モバイルパスモ・サポート公式

「なんだ、よかった! 早速戻そう」と思い、WalletアプリでPASMOを選択してみると。

あれ? 再追加したいPASMOは、どこにあるの?????

「続ける」の青いボタンを押して、さらに進んでみましたけど。

これって、プラスチックカードから移行する時の手順で、もともとのアプリのデータを戻すやり方じゃないよね?

「あれぇ?」と思って、モバイルパスモ・サポートのページをよくよく読んでみたところ。 ガーン!  なんでだーーー?!

異なるApple IDでサインインした端末には、PASMOを再設定できません。

Appleケアさんに相談(チャット)してみた。

「困ったなー」と思って、Appleケアさんにチャットで相談してみると↓以下のような感じのお答えをいただきました。

Apple Payの情報はApple IDに紐づくため、別のApple IDに以前のPASMOは追加できません。
以前のPASMOに残高が残っている場合などは、PASMOサポートにお問い合わせください。

PASMOサポートセンター電話番号:0570-011840.  
受付時間:9時~18時(年中無休)

「やっぱ、だめかぁ~」と、教えていただいたPASMOサポートに電話をしました。

PASMOサポートさんに電話してみた。

PASMOサポートさんに電話をして、「オートチャージの残高があるのに、PASMOがiPhoneから消えて困っています。」とお伝えすると。

モバイルパスモの会員登録がされていれば、WEB上の会員情報から払い戻し等の手続きができるということで。

早速、ワタシの会員情報を調べてもらうことにしました。 必要な情報は、以下の通りです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 郵便番号

もともとワタシは、プラスチックカードのPASMOを利用していましたが、去年(2021年)の暮れにiPhoneにアプリを入れて移行しました。

履歴も追えていましたし。 今回アプリが消えた際に、改札口の駅員さんに「パスモの番号(PBで始まる英数字)」を調べてもらっておりますし。(身分証明書・名前・生年月日で調べてもらえます)

絶対、会員登録していると思っていたのですけれど。

えええーーーーー?! 会員登録がない???

なんで? どうして?

プラスチックカードPASMOから、アプリへ移行した人は要注意! 会員登録しなくても、使えてしまう。

プラスチックカードPASMOから、アプリへ移行した人は要注意です!

パスモの移行

会員登録は、アプリをダウンロードして自分で操作(登録作業)をしないといけないのだそうです。
「会員登録は必須ではないので、会員登録をせず利用されていた可能性がございます。」と言われてしまいました。

【PASMOアプリでの会員登録】


「PASMOカードにオートチャージ機能が付いていた場合、オートチャージ機能もそのまま引き継がれます。」ということで、会員登録するかどうか?は、実際の利用とはあまり関係ないらしいです。

しかしながら、4000円以上もあったはずの残高が使えなくなるのは困ります。 iPhoneからデータ(残高や履歴)が消えてしまった以上、PASMOさん側でどうにかしていただきたいと思っていたのですけれど。

モバイルPASMOの会員登録がない場合、AppleIDを戻すしかないとのこと。

しかしながら、今回AppleIDをメアドA→メアドBに変えたことで、散々な目に逢いましたので。
再度IDを変更して、また不具合が連発するのは、めっちゃ嫌です。

何度も面倒をおかけして申し訳ないのですけど、もう1度Appleケアさんに泣きつきました。

変更したばかりのAppleIDを元に戻せる? Appleケアさんに聞いてみました。

Appleケアさんには、これまでのチャットや電話での問い合わせ履歴が残っていますので、割とスムーズに「AppleIDを元に戻して、PASMOの残高を取り戻したい!」という状況を理解していただくことができました。

チャットで相談しましたけどね。 詳しい方が電話で案内してくださるということで。

電話をかけて、改めて経緯をお伝えしたところ。 遠隔操作でiPhone画面を共有したうえで、手取足取り操作を教えていただけました。

そこで発覚したのが、ワタシは2つのIDを所持していたということです。

 AをやめてBにしたわけではなかったので、1度Bからサインアウトをしたうえで、元のAのIDにサインイン。 
この状態では、まだウォレットに紐づいたデータが存在していなかったので、さらにPASMOのアプリをアンインストール。

そして、PASMOのアプリを再インストールしてAのIDに紐づけし直してみると、あらびっくり。
icloudに避難していたPASMOのデータが現れました!

AppleIDとウォレット(ApplePay)、IDと紐づけのあるアプリって、こういう仕組みになっているんだーーーーと目からウロコが落ちたような気分でした。

PASMOアプリに無事残高が戻ったので。 ここでアプリから「モバイルPASMO」に会員登録を済ませました。

これでもう、PCから「払い戻し請求」や「退会手続き」が行えますので、AppleIDはBに戻しても大丈夫になりました。

Appleケアさん、本当にどうもありがとうございました!

モバイルアプリの払い戻しは、手数料がかかる!

旧アカウントのPASMOにおける「オートチャージ」機能を解除した後、残っている4800円を払い戻ししていただこうと思ったのですが。

ナント、210円もの手数料がかかるとのこと。

Apple PayのPASMOの払いもどし(退会)

たかが210円。 されど210円です。

今月中に電車に乗る予定もあるし。 なんなら帰りに、駅構内でお惣菜など買ってもいいし。

退会しちゃうとこれまでの履歴も全部消えてしまうし、どうせだったら、残高0円にした状態でそのまま放置でもいいのかなぁ?っと。

ということで、オケチなワタシは、「旧IDに紐づけたモバイルPASMOの残高を、全部使い果たしてから、新IDでパスモを新規作成」することに決めました。(何度か、AとBでサインインし直さないといけないですけど。)

モバイルPASMO(アプリ)で使う際のポイント

アプリでPASMOを使うなら。
絶対に「会員登録」を済ませてください! しなくても使えてしまうところがミソなので、すでにカードから切り替えてiPhoneで使用している方は、登録をしているかどうか?ぜひご確認くださいませ。

WEB上で会員登録さえできていれば、万一iPhoneで不具合起きても、PCからオンラインで手続きできます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。